The Full Investment

The Full Investment

主に米国株投資で配当金生活を目指しています。

「シーゲル流」投資の効果と難点

スポンサーリンク

最近、ハイテクグロース株への投資が流行っており、さらに高配当ディフェンシブ株への投資が「劣った」手法と揶揄されたりと、いわゆる「シーゲル流」が下に見られている風潮があるような気がします。

 

そもそも「真のシーゲル流」とは、生涯にわたって株を買い続け、92歳で亡くなったときには10億円弱の株を保有していたロナルド・リード氏のようなスタイルを指すのであり、そのときの流行りの銘柄を買って手っ取り早く儲けようとするスタイルとは全く違うんですよね。

 

別に私もどちらが優れているもしくは劣っていると言いたいわけではなく、単に考え方やその人の好みのが違うだけなので、特に批判とかするつもりはないですが。

 

 

 

真のシーゲル流を体現したロナルド・リード氏を知らない人もいるかもしれないので、簡単に紹介しておこうと思います。

 

moneytoday.jp

 

ロナルド・リード氏はアメリカ・バーモンド州生まれで、仕事はガソリンスタンド店員やデパートの清掃員といった、どちらかと言うと低所得者層でした。

37歳(1959年)から株式投資を始め、92歳(2014年)で亡くなった後に、およそ800万ドル(10億円弱)の株式が発見されました。

投資スタイルは、一度買ったら売らない超長期投資だったらしいです。

 

ロナルド・リード氏は倹約家で質素な暮らしをしていたため、だれも彼を金持ちだとは思わなかったらしいです。

節約してひたすら株を買うだけで、ここまでの資産を気づき上げたロナルド・リード氏は、低所得者層の希望の星とも言えます。

 

 

ただ、10億円と言われてもピンとこないので、資産がどういうペースで増えていったのかを下記のツールでシミュレーションしてみました。

 

ja.calculatestuff.com

 

ロナルド・リード氏の情報が少ないので、いろいろと仮定を置きます。

 

運用期間は1959年から2014年まで55年間。

初期投資額は100万円。

毎月5万円を定期投資。

株式の平均名目リターン(インフレを考慮していない)である年率9%で運用。

 

f:id:tsubuinvestment:20170710064001p:plain

 

シミュレーションでは、2014年で資産が10億円をやや超えた結果になりました。

 

初期投資100万円で毎月5万円の投資って、決して不可能ではないと思うんですよ。

まあ年率9%運用できるのかは分かりませんが。

 

とにかく、給料の高い仕事に就かなくても金持ちになれるというのは、朗報なのではないでしょうか。

 

ただ、このシミュレーションで一つ気になることがあるんですよね。

それは、1982年時点(ロナルド・リード氏が60歳)での資産額がまだ約5600万円という…

残りの9億円以上は60歳以降で増えているんですよね。

 

さすがに資産の9割が60歳以降のものというのはどうなんでしょう。

複利の力がすごいのは分かりますが、さすがに効いてくるのがちょっと遅いよなとは思います。


まあロナルド・リード氏は37歳というやや遅めの年齢から投資を始めたというのもありますけどね。

その点、20代で投資を始められた私はもう少し有利なのかもしれません。


ただ私が投資を始められたのは完全にネットのおかげなので、ネットも普及していない時代で若くから株式投資を始めたロナルド・リード氏にはやはり敬意を払わずにはいられませんね。

 


バフェットも「ゆっくり金持ちになるのは簡単」と言ってましたが、「人生の終盤で金持ちになってどうするの?」と思う人もいるでしょう。

そういった人たちにはシーゲル流は向かないのかもしれませんね。

ただ短期で金持ちになれるのはほんの一握りだけですが…