The Full Investment

The Full Investment

主に米国株投資で配当金生活を目指しています。

企業データはグラフにしたほうが断然分かりやすい

スポンサーリンク

tsubuinvestment.hatenablog.com

 

 

以前、上記の記事で米国企業の過去10年の業績を調べる方法を紹介しました。

しかし、Morningstarのサイトの「Key Ratios」では、下のように数字の羅列が出てくるだけなので、ぱっと見で分かりにくいです。

 

f:id:tsubuinvestment:20170118163928p:plain

 

特に売上高やEPSなどの推移は、数字を見るだけでも上がっていることは分かっても、どういう上がり方をしているのかは数字だけでは分かりにくいです。

 

しかし、親切にも上記の企業データはCSVファイルで出力できるので、エクセルなどで簡単にグラフを作成して分析することができます。

グラフにすれば下のように、業績の推移が一目瞭然になります。

 

f:id:tsubuinvestment:20170320220340p:plain

 

グラフを作ったエクセルシートを保存しておけば、あとはコピペするだけで別企業のデータも一瞬でグラフ化できます。

 

また、当然ですが複数企業のデータを並べれば、企業間で比較検討も簡単です。

下は、例としてコカ・コーラ(左)とペプシコ(右)を比較したものです。

 

f:id:tsubuinvestment:20170320221215p:plain

 

字が小さくて見にくいかと思いますが、グラフにすることによって、業績の安定感はペプシコのほうが上だが、より儲けている(利益率が高い)のはコカ・コーラだということが一瞬で分かります。

 

あと、資産や負債のデータもあるので、こんな感じでバランスシートも描けるのがいいですね。

その企業の財務状況が一目でわかります。

 

f:id:tsubuinvestment:20170320222142p:plain

 

 

最初にグラフを作るのが少しめんどくさいですが、これはオススメです。企業研究が捗ります。

もっと早くやればよかった思います。