The Full Investment

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Full Investment

主に米国株投資で配当金生活を目指しています。

【米国株ETF】HDV・VYM論争

ETF

f:id:tsubuinvestment:20170114161529p:plain

米国高配当株系のETFで、永遠のライバルと言われている(?)ものにブラックロックHDVとバンガードのVYMがあります。

どちらも財務体質が良好かつ配当利回りの高い銘柄で構成されており、長期保有に適したETFと言えます。

これまでに散々議論はなされていますが、私も情報整理ということで両者の比較をしてみたいと思います。

 

まずは、簡単に両者の特徴を示しておきます。

 

iShares Core High Dividend ETF (HDV)

・運営会社:ブラックロック

ベンチマーク指数:Morningstar Dividend Yield Focus Index

・構成銘柄数:75

配当利回り:3.28%

・経費率:0.08%

・組入上位25銘柄:

f:id:tsubuinvestment:20170114135519j:plain

引用元:iShares Core High Dividend ETF (HDV) Top Portfolio Holdings

 

・セクター比率:

f:id:tsubuinvestment:20170114140945j:plain

 

Vanguard High Dividend Yield ETF (VYM)

・運営会社:バンガード

ベンチマーク指数:FTSE High Dividend Yield Index

・構成銘柄数:420

配当利回り:2.91%

・経費率:0.09%

・組入上位25銘柄:

f:id:tsubuinvestment:20170114141721j:plain

引用元:Vanguard High Dividend Yield Index Fund ETF Shares (VYM) Top Portfolio Holdings

 

・セクター比率:

f:id:tsubuinvestment:20170114143808j:plain

 

結局どっちがいいの?

どっちもいいと思います!

全く答えになってませんが、正直甲乙つけ難いところです。

もう少し両者を比較してみましょう。

 

配当利回りと経費率だけを見れば、HDVに分があります。

保有銘柄数やセクター比率を見れば、分散投資はVYMに分があります。

 

構成銘柄はHDVとVYMで重複しているものが多いですが、セクター比率は両者で結構違います。

HDVは、生活必需品やヘルスケアといった不況に強い銘柄が多いのに対して、VYMでは金融や情報技術といった好況に強い銘柄が多いです。

また、モーニングスターのサイトで見ることができるETFの「Holdings Style」では、HDVとVYMは以下のようになっています。

 

HDVHoldings Style

f:id:tsubuinvestment:20170114151053j:plain

 

・VYMのHoldings Style

f:id:tsubuinvestment:20170114151117j:plain

 

HDVのほうが、より大型バリュー株に比重を置いていることが分かります。つまりHDVのほうがよりディフェンシブと言えるのではないでしょうか。

 

最後に両者のチャートを見てみます。

f:id:tsubuinvestment:20170114152121j:plain

 

見にくいですが、青がHDV、緑がVYM、赤がS&P500です。

HDVが登場した2011年3月を基準にしています。

これだけを見れば、パフォーマンスはS&P500>VYM>HDVとなります。

ただデータの期間が、リーマンショック後の景気回復期しかないことを考慮すれば、ディフェンシブ銘柄の多いHDVが負けるのは不思議ではないです。

また上記のグラフには配当金は含まれていないので、配当金再投資をすればトータルのパフォーマンスは違ってくるかもしれません。

今後不況時にHDVがどういう挙動を示すかが気になりますね。

 

まとめると、HDVとVYMは、両者とも米国高配当銘柄で構成されたETFですが、HDVはどちらかというと大型バリュー株のディフェンシブ銘柄に偏っているのに対して、VYMでは広くセクター分散されていることが、両者の大きな違いかと思います。

したがって、HDVは配当金を再投資して、長期保有でパフォーマンスを出すのにより向いているのに対して、VYMは比較的短期の値上がり益も狙えるのではないでしょうか。

もちろんVYMも長期保有に適したETFだと思います。

 

少しだけ個人的な見解を述べさせていただきますと、両者の大きな違いの一つに、HDVでは組み入れられていないマイクロソフトが、VYMではトップに入っていることが挙げられます。

マイクロソフトはここ最近ずっと増配傾向ですが、まだ定番の高配当銘柄と言えるところには達していない気がします。(マイクロソフト配当利回りは現在2.34%)

マイクロソフトを組み入れることは別にいいとは思いますが、「高配当ETF」でトップに入れるのは少し違和感があります。

高収益体制と今後の増配に期待というところでしょうか・・・

 

ちなみにジェレミー・シーゲル著『株式投資の未来』を読んだことがある方ならご存知だとは思いますが、HDVの上位3セクターである、生活必需品、エネルギー、ヘルスケアは、過去高いパフォーマンスを上げてきたことが示されています。

そしてシーゲル信者である私はHDV派です。