The Full Investment

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Full Investment

主に米国株投資で配当金生活を目指しています。

投資を始めたきっかけ

私が投資を始めたのは、とある本を読んだことがきっかけです。

 

その本とは、ロバート・キヨサキ著『金持ち父さん貧乏父さん』です。

 

 

まあまたベタなのが来ましたね。投資をしているほとんどの人は、読んだことがあるのではないでしょうか。

内容は基本的なことがメインですが、当時お金の知識がほとんどなかった私にとっては、本格的に株式投資を始めるに至った原点とも言える本です。

 

以下に、本書で私が感銘を受けた点について、簡単に紹介したいと思います。

 

1. 「資産」と「負債」の違いを知る

『金持ち父さん貧乏父さん』といえばこれです。

ロバート・キヨサキ氏よると、

 「資産は私のポケットにお金を入れてくれる」

 「負債は私のポケットからお金をとっていく」

ということです。

具体例を挙げると、資産は株式、債券、不動産といったもの。負債は車や持ち家といったものですね。

「持ち家は資産」なんてよく聞きますけど、あんなのどう考えたってお金がかかりますよね。

「金持ちは資産を手に入れる。中流以下の人たちは負債を手に入れ、資産だと思い込む」・・・まずは資産と負債の違いを知ることが大切なんですね。

 

2. 「ラットレース」から抜け出す

1と関連するところもありますが、中流以下の人たちは会社からの給料が増えると、支出も増えることが多いです。例えば、車を買ったり、旅行に行ったり、高級料理を食べたり・・・

その結果、資産に回すお金が残らないため、会社の給料に依存し続けなければならず、永遠に終わらないラットレースを続けることになってしまいます。

現在で言うところの、「社畜」に相当するものでしょうか。

 

3. 「ファイナンシャル・インテリジェンス」を身につける

ファイナンシャル・インテリジェンスとはお金に関する知識のことですね。

これを身につけることで選択肢が広がり、経済的な自立への道が見えてきます。

経済的な自立とは、会社のために時間や労力を費やさなくても、資産から十分な収入が得られる状態、つまり私が目指しているところですね。

お金について勉強することは、人生最大の投資だと思います。

しかし、このお金に関する知識は、今の学校ではほとんど教えられていないと思います。これは私の主観ですが、おそらく最高峰の教育を受けてきたであろう大学の先生も、お金のことには疎い人が多い印象です。

また現在の教育システムでは、他人に合わせるという協調性が重視されています。これは、いわゆる社畜を育てるのには効率的かもしれませんが、起業家なんかは生まれにくい気がします。なぜなら起業して成功するには、お金の知識と他人と違うことをすることが重要だと思うからです。

 

 

 

長々と語ってまるで信者みたいになっているので、1つくらい批判的なことも書いておきましょう。

本書では、分散投資よりも集中投資や、レバレッジを効かせた不動産投資といったハイリスクをとることを勧めており、逆に投資信託などは軽く見ています。

もちろんこのようなリスクをとって成功する人が真の大金持ちになるとは思いますが、現在ではなかなか難しい気もします。

私のようなリスクを恐れる人間は、分散投資でコツコツと資産を買っていくのがいいのかもしれません・・・

 

 

長くなりましたが、私はこの本を20代で読めて本当に良かったと思います。

今までお金のことついてあまり考えていなかったという人は、ぜひ手に取ってみてください!