The Full Investment

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Full Investment

主に米国株投資で配当金生活を目指しています。

資産状況 2017年2月末

資産状況

2017年2月末時点での資産状況報告です。

 

f:id:tsubuinvestment:20170301215009j:plain

 

 

保有銘柄一覧です。

 

f:id:tsubuinvestment:20170301215254p:plain

 

 

ポートフォリオの銘柄別比率です。

 

f:id:tsubuinvestment:20170301214814p:plain

 

 

ポートフォリオのセクター別比率です。

 

f:id:tsubuinvestment:20170301215448p:plain

 

今月はトランプ相場ですごく調子が良かったですね。

「節分天井・彼岸底」という格言もお構いなしに、月末までアゲアゲでした。

野村證券 | 節分天井・彼岸底(証券用語解説集)

 

3月はどうなるんでしょう。まだ上昇するのか、それとも調整局面に入るのか…

 

今月はいろいろと方針を変えたりして、現在個別銘柄10種+ETF1種になりました。

大きな変化としては、通信、製薬株への投資をやめ、ETFも大半を売却し、銘柄を絞ったことですね。

 

HDVの売却は結構悩みましたが、配当金をしっかり出してくれそうな銘柄を買うほうがよいと判断しました。

あと、UBS ETF スイス株(1391)は分配金の額が謎だったので投げました。

 

あと追加で2~3銘柄ほど目星をつけていますので、またタイミングを見て購入しようと思います。

というかもうキャッシュがない…

 

個別銘柄では、この上昇相場の中、株価が低迷していたKOとXOMに資金を多めに投入しました。

特にXOMはここ最近下落続きで、無間ナンピン地獄に嵌りそうでしたが、構成割合も10%を超えてきたので、この辺にしておこうと思います。

いくら集中投資のほうがリターンが高いといっても、やはり1銘柄の割合は多くても10%くらいにしておきたいです。そのへん私はチキンなもので…

 

それにしてもキャッシュが減りましたね。まさにフルインベストです。

この状態がリスク高いかどうかは、人によりけりだとは思いますが、自分が許容できるリスクは最大限取っていこうと思います。

まあ独身は失うものも少ないですからね。持たざる者はある意味強いです。

【決算】ブリティッシュ・アメリカン・タバコ【FY 2016】

個別株

私も個別株に投資しているからには、各保有銘柄の決算だけはチェックするようにしています。

買ったら後は寝ているだけでは「凍死家」になってしまうだけですからね。

 

 

ということで、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BTI)の2016年決算が発表されました。

  • 売上高:147.51億ポンド(予想148.8億ポンド、昨年比+12.6%)
  • EPS:0.2475ポンド(予想0.242ポンド、昨年比+18.8%)

 

売上高が予想を下回ってますが、昨年から大幅増ととても良い内容ではないでしょうか。

たばこ業界は衰退産業と言われていますが、まだまだ儲かるビジネスなのでしょう。

そして業界への期待が少ないからこそ、株主のリターンが押し上げられるのだと思います。

 

2016年のDPSは0.1694ポンドで、昨年比+10%とポンドベースでは大幅増配ですが、ここ最近のポンド安ドル高の影響で、ドルベースでは増えてないというか、むしろ減ってるくらいです。

ポンドは変動が激しいので、ドルでの安定増配は難しそうですね。

ポンドはFX界隈で「殺人通貨」とか言われてますからね…

 

ブリティッシュ・アメリカン・タバコは先月、レイノルズ・アメリカン(RAI)の買収が合意に至ったことを発表しました。

これで世界最大のたばこメーカーが誕生する予定です。

 

たばこ業界もそろそろ再編の必要に迫られているのでしょう。

最近押され気味の、我らがJTもそろそろ何か仕掛けてくるかもしれませんね。

まあ私はJTには投資しておりませんが…

ゼネラルミルズ(GIS)買い増し

売買実績 個別株

米食品大手ゼネラルミルズ(GIS)を買い増ししました。

 

f:id:tsubuinvestment:20170222223100p:plain

 

本当は株価が大幅下落した17日に買いたかったのですが、タイミングを逃してしまい、21日に購入となりました。

21日は少し株価を戻しましたが、それでも比較的低い値段で推移していたのでよしとします。

 

 

ゼネラルミルズの株価は17日に5%くらい下落し、私も相当焦ったのですが、下落の原因は17日に発表した2017年の見通しの内容かと最初は思いました。

General Mills Updates Key Financial Targets For Fiscal 2017 - Feb 17, 2017

 

内容としては、スープとヨーグルトが他社と競合して、売上高が減少するだろうみたいな感じです。

ただ、同社はコスト削減も進めており、EPSは増加するとの予想でした。

そんなに悪い内容でもないのになぜ5%も下がるんだ?と疑問に思いましたが、下落の原因はほかにもあったみたいです。

 

そう、クラフトハインツとユニリーバの買収騒動です。

 

クラフトハインツがユニリーバに買収提案をしていたという報道を受けて、どうもゼネラルミルズは買収候補から外れたということで株価が下がったらしいです。

私からしたら、そんなことで下げんなよって感じですが…

 

ちなみに17日は、ゼネラルミルズの競合他社である、ケロッグやモンデリーズも、おそらく同じ理由で大幅下落してました。

そして買収撤回が発表されると、21日には株価はそろって戻してました。

また買収候補になるかもしれないからということでしょうか。

 

 

私みたいな末端の情弱投資家は、訳も分からず株価が変動して翻弄されただけでした。

せっかくいろいろ調べて買った銘柄ですから、せめて狼狽売りだけはしないようにしたいです。

まあ一度買ったら決算とかチェックするだけで、毎日株価なんか見なくてもいいんですけどね…

クラフト・ハインツ、ユニリーバに買収を提案するも拒否られ即諦める

投資雑記 個別株

17日、クラフト・ハインツ(KHC)がユニリーバ(UL)に対して、1430億ドル(約16兆円)での買収を提案していたことが報じられました。

 

www.bloomberg.co.jp

 

しかしユニリーバ側はきっぱり買収を拒否。

1株当たり50ドルの買収は「根本的に過小評価している」とのこと。

確かに、ここ最近のユニリーバの株価の推移からして、1株50ドルはほとんどプレミアムが乗ってないですし、拒否られて当然っちゃ当然といったところでしょうか。

 

この報道を受けて17日のニューヨーク市場では、クラフト・ハインツが終値で+10.74%、ユニリーバが+14.0%と爆上げしました。

私もユニリーバにはそこそこの金額を投資ているので、1日で+14%というのはポートフォリオのバランスが崩れるレベルです。

 

クラフト・ハインツは今後も交渉を続けるということで、買収への期待でここまで買われたようですが、それにしても世界のイナゴ投資家の威力はすごいですね…

野村證券 | イナゴ投資家(証券用語解説集)

 

 

しかし2日後の19日、クラフト・ハインツはあっさりと買収提案を撤回しました。

 

www.bloomberg.co.jp

 

ホエ?(´д`)

かなりの拍子抜けですが、どうもクラフト・ハインツとユニリーバの戦略が合わないみたいですね。

クラフト・ハインツ側は、食品部門の強化を目論んでいるみたいですが、対してユニリーバ側は、利益率の低い食品部門を売却し、日用品部門を強化したいようです。

 

まあ買収しないならそれでいいんですが、この報道を受けて21日のニューヨーク市場では、おそらく両社の株価は大幅下落するでしょうね…

一時的な好材料に群がったイナゴ投資家に、殺虫剤をぶっかけるような感じでしょうか。

 

 

ちなみに、保有銘柄が買収されたときの扱いってどうなるんだろ?って思い、SBI証券のページで確認したら、どうやら特定口座で保有しているものは一般口座に移されるみたいですね。

 

f:id:tsubuinvestment:20170220181603p:plain

 

一般口座に移されるといろいろ面倒なので、買収が決まったらユニリーバは売却か?と考えていましたが、その心配はしなくてよさそうですね。

ユニリーバは永久保有のつもりで買ったので、買収破断で個人的にはよかったのかもしれません。

 

 

それにしても16兆円で買収ってすごいな…

トヨタ自動車時価総額が約20兆円(日本最大)なので、これに近い規模の会社を買収しようとしたのか…

さすが自由の国はやることがでかいわ

株主優待の特集とか見ると

投資雑記 日本株

f:id:tsubuinvestment:20170219170258p:plain

SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-

 

 

ここ最近、証券会社のホームページとか見ると、いつも株主優待の特集とかが載っていますね。

SBI証券なんかは、桐谷さんを使って優待銘柄を買うよう煽ってきてます。

こういうのが目に付くようになると、株ブームが来ていて、そろそろ天井か?なんて思ってしまいます。 

 

よく、近所のおばちゃんとか普段投資に興味ない人が投資の話をしだしたり、電車の中吊り広告に「投資」の文字が出だしたりしたら売り時と言われてますね。

私は普段、近所のおばちゃんと関わることも、電車に乗ることもないので、よく分かりませんが、どうなんでしょうね。

よく電車に乗る人は、中吊り広告をチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

 

ところで、株主優待目当てで株を買うのってリスクに見合ってるのでしょうか?

 

優待株を買って、1回優待をもらったらすぐ株を売ってしまうのは、売買手数料を考えたらほとんどメリットがないですし、株価変動リスクもあります。

これだったらもう株主優待を使うより、自分で金を出して、目当ての物なりサービスを買ったほうがいいでしょう。

 

となると、株主優待である程度リターンを得ようとするなら、長期保有になってきますが、人気の優待銘柄たちは、長期保有に耐えうるのか少し疑問です。

例を挙げてみますと、

 

日本マクドナルドホールディングス(2702)

  • 株価:3195円
  • 予想PER:50倍

 

 吉野家ホールディングス (9861)

  • 株価:1688円
  • 予想PER:77.58倍

 

ラウンドワン (4680)

  • 株価:884円
  • 予想PER:56.31倍

(2017/2/17現在)

 

高すぎです。

別に成長が期待されているわけでもなく、明らかに業績と株価が釣り合っていません。

株主優待の人気で、この株価が維持されているのでしょう。

 

上記の銘柄は、業績や指標だけ見ると、資産運用が目的なら真っ先に候補から外れます。

株主優待だけで株価を保っているような銘柄を、長期保有するのはリスキーではないでしょうか?

株主優待なんてしょっちゅう廃止・変更されたりします。

 

 

なんかよくある株主優待disの記事になってしまいましたが、上で挙げた銘柄は、おそらく株主優待を廃止することはないだろうとは思います。改悪はあるかもしれませんが…

優待内容が自社製品・サービスですし、優待を廃止したらどうなるかくらい、会社側も分かっているでしょう。

でも、優待目当てで保有するかと言われると、私はご遠慮したいです。

 

 

アベノミクス以降、やはり株ブームは来てるかと思います。

しかし今がバブルかと言われたらどうなんでしょう? 少し微妙な気がします。

株価は高値更新したりと過熱感はありますが、やや怯えながら上値を探っている感じです。

私は専門家でも何でもないのですが、なんだかんだもみ合いながらも株価が上昇していく状態がしばらく続くのでは?と思っています。

いや、私みたいなトーシローが楽観視した時こそが天井なのもかもしれませんが…

 

まあいつ不況が来ようが、バイ&ホールドの私は今の保有銘柄と心中するだけですけどね!

【配当金】P&G 【2017 Q2】

配当金

P&Gから、2017年第二四半期の配当金を頂きました。ありがとうございます。

 

 

ちなみに、配当金実績を月ごとにまとめて報告するのではなく、銘柄ごとに報告しているのは、どの銘柄がどの時期に配当金を支払うのかを知ってもらうためであり、また自分もそれを把握しておくためなのです。

断じて記事数を水増ししたいわけではありません。断じて。

 

 

P&Gからの配当金は以下の通りです。

 

f:id:tsubuinvestment:20170217190453p:plain

 

 

P&Gは、この前の決算内容がよかったことに加え、つい先日、有名ファンドが P&G株を取得していたことを報じられた影響で、株価が跳ね上がってしまいました。

 

www.bloomberg.co.jp

 

配当利回りも3%を下回ってしまい、ちょっと手を出しづらいところまで行っちゃったなという感じです。

持ち株の株価が上がるのはうれしいですが、配当金再投資戦略の場合は効率が下がるので、なんとも複雑な気分ですね。

それ以外は特に問題はないと思うので、安心して継続保有です。

 

P&G(PG)参考データ(2017/2/17現在)
  • 株価:$90.79
  • PER:26.27
  • 配当利回り:2.95%
  • 連続増配年数:60年

確信を持てた銘柄だけに投資

投資方針 売買実績

以前の記事でも述べましたが、ここ最近、ETFをメインとするか、個別株をメインとするかでずっと悩んでいました。

tsubuinvestment.hatenablog.com

 

いろいろと検討に検討を重ねた結果、個別株メインで行くことにしました。

やはり、ETFで広く分散するよりも、自信のある銘柄に絞ったほうが、リターンは良くなる可能性が高いし(当然リスクも上がりますが)、企業を見る目も鍛えられるでしょう。

 

ということで、さっそく実行に移しました。

特定口座のHDVと、将来に確信が持てなくなったVZを売却し、保有銘柄の買い増し、および以前から調査していた2銘柄を新規追加しました。

 

f:id:tsubuinvestment:20170215225755j:plain

 

追加した2銘柄は、マクドナルド(MCD)とゼネラルミルズ(GIS)です。

ちょっと株価が上がっていましたが、配当利回りはギリ3%だったのでよしとします。

購入理由は以下の通りです。

 

マクドナルド(MCD)購入理由

 

 ゼネラルミルズ(GIS)購入理由
  • 食品で有名ブランド多数保有
  • 安定した収益&増配
  • ハーゲンダッツおいしい(特にグリーンティー)

ここ最近、ダウ平均やS&P 500が高値更新しておりますが、指数をけん引しているのは、金融やハイテク株で、ディフェンシブ銘柄はまだ出遅れている感じがあります。

今が「買い時」とは思いませんが、使わない現金を置いておくくらいなら買っておこうと思った次第です。

 

また、株価が下落しているエクソンモービル(XOM)とコカ・コーラ(KO)を、多めに買い増ししました。

下落の原因は、XOMは原油安、KOはボトリング事業のフランチャイズ化と一時的なものです。

やはり下落時に果敢に買いに行ける銘柄だけを持つのがいいと、最近思いました。

 

 

なんか投資方針がコロコロ変わっている気がしますが、投資は常に勉強&勉強です。

新たな知見を得て、それが良いと思ったらすぐに実行するのも、それはそれでいいのではないでしょうか…ということにしておきます。