The Full Investment

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Full Investment

主に米国株投資で配当金生活を目指しています。

サラリーマンは副業の所得が20万円以下なら確定申告不要と言われているが…

税金 確定申告

よく、サラリーマン(給与所得者)が副業をする場合、その所得が20万円以下なら、確定申告不要で税金が掛からないと言われています。

 

いろんなサイトを見ても、確定申告不要の条件として、

 

  • サラリーマンであること
  • 副業の所得が20万円以下

の2点を挙げていることが多いです。

 

しかし、国税庁のサイトを見てみると、確定申告不要の条件はもう少しあるようです。

 

国税庁のサイトには、「給与所得者で確定申告が必要な人」という項目があります。

いろいろ書かれていますが、このページによると、給与所得者で確定申告が必要な人は、主に以下の条件に当てはまる人になります。

 

  1. 給与の年間収入金額が2,000万円を超える人
  2. 1か所から給与の支払を受けている人で、給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人
  3. 2か所以上から給与の支払を受けている人で、主たる給与以外の給与の収入金額と給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人

 

1はいいとして、副業をしているサラリーマンは、大体2か3に当てはまると思います。

つまり、メインの給料以外に20万円を超える所得があるなら確定申告しろということです。

 

ここだけ見ると、上記のことしか読み取れないのですが、国税庁のサイトで気になるQ&Aがありました。

 

まずはQ

給与を1か所だけから受けており、給与の収入金額が2,000万円以下の給与所得者は、給与以外の所得が20万円以下の場合には、確定申告しなくてもいいとのことですが、還付申告を行う場合にも、給与以外の所得を確定申告しなくてもよろしいのですか。

 

No.1900 給与所得者で確定申告が必要な人|所得税|国税庁

 

つまり、「税金の還付のために確定申告します。私はサラリーマンで、副業の所得は20万円以下です。副業の所得は申告しなくてもいいですよね?」という質問です。

 

そしてA

給与等の収入金額が2,000万円以下である給与所得者は、1か所から給与等の支払を受けており、その給与について源泉徴収や年末調整が行われる場合において、給与所得及び退職所得以外の所得金額の合計額が20万円以下であるときは、原則として確定申告を要しないこととされています。
 しかし、この規定は確定申告を要しない場合について規定しているものであり、確定申告を行う場合にも、この20万円以下の所得を申告しなくてもよいという規定ではありません。
 したがって、給与所得及び退職所得以外の所得金額の合計額が20万円以下であることにより、給与所得者が確定申告を要しない場合であっても、例えば、医療費控除の適用を受けるための還付申告を行う場合には、その20万円以下の所得も併せて申告をする必要があります。

 

No.1900 給与所得者で確定申告が必要な人|所得税|国税庁

 

長いですが要は、「確定申告するなら20万円以下とか関係ない。すべて申告しろ。」ということです。

 

( ゚д゚)

 

正直これ引っかかっている人、多いんじゃないでしょうか…

それとも知らなかったの私だけですか?

 

 

まとめると、サラリーマンで副業の所得が20万円以下の場合、確定申告の要・不要の条件は以下になります。

 

確定申告が不要
  • 勤務先で給与所得の年末調整をしていて、本人は確定申告しない場合

 

確定申告が必要
  • 勤務先で給与所得の年末調整をしておらず、自分で確定申告する場合
  • 年末調整はしているが、何らかの理由で確定申告する場合(医療費控除、配当控除、外国税額控除などを適用して、還付申告をする等)

 

20万円以下なら云々は、確定申告しない場合に限定されたものだったんですねえ…

 

ただ、上記のQ&Aは少し分かりにくいところにあったんで、もしかすると国税庁も、これに関してはあまり厳しく取り締まるつもりはないのかもしれませんが。

いや、でも脱税はダメですよ!

【決算】ゼネラル・ミルズ(GIS)【2017 Q3】

個別株

ゼネラル・ミルズGIS)の2017年度第3四半期決算が、3月21日に発表されました。

内容を大雑把にまとめると以下の通りです。

 

2017年度第3四半期決算内容
  • 売上高:$3.79B(予想:$3.82B、前年比:-5%)
  • EPS:0.72(予想:0.71、前年比:+8%)

 

2017年度見通し
  • 既存事業の売上高は4%減少の見込み。
  • EPSは5~7%増加の見込み。
  • 営業利益率は18%以上を目標。

 

売上高は予想を下回りましたが、EPSはコスト削減等の効果により、予想をわずかに上回りました。

 

売上高減少の背景には、北米での不振が効いているようです。

特にヨーグルトの売れ行きが悪いみたいですね。

またドル高により、ヨーロッパでの売上も圧迫しているようです。

 

売上高は減少してますが、事業再編成により、EPSや利益率は増加の見込みです。

事業再編で、結構リストラとかもするみたいですね…

 

www.investopedia.com

 

GISは決して儲かっていない企業ではないのですが、それでも豪快にリストラするのはさすがアメリカ企業といったところでしょうか。

 

この決算を受けて、21日のGISの株価は0.83%下落し、配当利回りは3.21%となりました。

また追加投資したくなる株価まで下がってきましたね。

 

 

 

ちなみに、ハーゲンダッツの売れ行きは好調らしいです。

最近、新作も発売されてましたね。

 

www.haagen-dazs.co.jp

 

ダッツは高いんで滅多に買いませんが、久々に食べたくなりました。

企業データはグラフにしたほうが断然分かりやすい

投資雑記

tsubuinvestment.hatenablog.com

 

 

以前、上記の記事で米国企業の過去10年の業績を調べる方法を紹介しました。

しかし、Morningstarのサイトの「Key Ratios」では、下のように数字の羅列が出てくるだけなので、ぱっと見で分かりにくいです。

 

f:id:tsubuinvestment:20170118163928p:plain

 

特に売上高やEPSなどの推移は、数字を見るだけでも上がっていることは分かっても、どういう上がり方をしているのかは数字だけでは分かりにくいです。

 

しかし、親切にも上記の企業データはCSVファイルで出力できるので、エクセルなどで簡単にグラフを作成して分析することができます。

グラフにすれば下のように、業績の推移が一目瞭然になります。

 

f:id:tsubuinvestment:20170320220340p:plain

 

グラフを作ったエクセルシートを保存しておけば、あとはコピペするだけで別企業のデータも一瞬でグラフ化できます。

 

また、当然ですが複数企業のデータを並べれば、企業間で比較検討も簡単です。

下は、例としてコカ・コーラ(左)とペプシコ(右)を比較したものです。

 

f:id:tsubuinvestment:20170320221215p:plain

 

字が小さくて見にくいかと思いますが、グラフにすることによって、業績の安定感はペプシコのほうが上だが、より儲けている(利益率が高い)のはコカ・コーラだということが一瞬で分かります。

 

あと、資産や負債のデータもあるので、こんな感じでバランスシートも描けるのがいいですね。

その企業の財務状況が一目でわかります。

 

f:id:tsubuinvestment:20170320222142p:plain

 

 

最初にグラフを作るのが少しめんどくさいですが、これはオススメです。企業研究が捗ります。

もっと早くやればよかった思います。

【配当金】ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)【2017 Q1】

配当金 個別株

ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)から、2017年第1四半期の配当金を頂きました。

ありがとうございます。

 

f:id:tsubuinvestment:20170318005614p:plain

 

 

JNJと言えばヘルスケアセクターの雄、長期投資の鉄板中の鉄板銘柄ですが、何がいいのかと言いますと、やはり医療用医薬品だけでなく、一般消費者向け製品や医療用機器も手広く展開しているところでしょう。

 

これにより、ファイザー(PFE)やメルク(MRK)といった医薬品重視の企業と比べて、より安定したキャッシュフローを得ています。

医薬品事業は、新薬を開発してなんぼのハイリスクハイリターンな事業ですからね…

JNJはむしろ生活必需品セクターに近い気がします。

 

配当も、54年連続増配しておきながら未だに配当性向が50%程度しかないということで、増配余力はまだまだ十分あります。

 

そんなJNJですが、今年に入ってから株価も絶好調で、配当利回りも2.5%程度まで下がってしまいました。

さすがにもう手が出しにくいところまで行っちゃった感じですね…

 

 

懸念されるリスクと言えば、やはりトランプさんがほのめかしている薬価引き下げのリスクでしょうか。

ただ、上で述べたようにJNJは医薬品以外の事業も広く展開しているので、大きなリスクにはならないでしょう。

むしろ株価を引き下げてくれるチャンスになるかもしれません。

 

まあ、この銘柄に関しては特に心配もしていません。

この調子で頑張って頂きたいです。

【配当金】エクソンモービル(XOM)【2017 Q1】

配当金 個別株

エクソンモービル(XOM)から、2017年第1四半期の配当金を頂きました。

ありがとうございます。

 

f:id:tsubuinvestment:20170316212506p:plain

 

 

ここ最近の原油安で石油株は軒並み下落しており、XOMもガス田で20億ドルの評価損を計上するなど、逆境に置かれています。

 

www.bloomberg.co.jp

 

 

XOM株のPERは現在約43倍と高いですが、これは原油安で一時的に収益が減っているだけであり、実態を表していないという見方が有力です。

今年中に原油の需要が供給を上回るという予想もあるので、XOMをはじめとした石油株は、今が買い時なのかもしれません。

 

www.nikkei.com

 

 

また、XOMは化学製品・燃料製造施設の拡張で200億ドルを投資する計画を発表していましたね。

 

www.bloomberg.co.jp

 

これにはトランプ大統領も大絶賛でした。

 

 

この投資が吉と出るか凶と出るかは、私には判断がつきませんが、株主へのリターンを押し下げるような投資にならないことを切に願っております(-人-;)

 

 

それはそうと、XOMの公式ページに載っている配当金実績の表は見やすくていいですね。

年々配当金が増えているのがよく分かります。

 

f:id:tsubuinvestment:20170316221213p:plain

Dividend information | ExxonMobil

 

また、表の下に34年連続増配の旨が書かれていますね。

増配率は下がってきていますが、公式ページに増配年数を記載してアピールするくらいですから、余程のことがない限り減配はしないでしょう。

確定申告に行ってきました。 その2(申告内容報告)

税金 確定申告

tsubuinvestment.hatenablog.com

 

28年分の確定申告に行ってきましたので、今回は私の申告内容について報告しようと思います。

たいした内容ではないですが、今後確定申告しようと思っている人の参考になれば幸いです。

  

ということで、まずは確定申告で用いた「持ち駒」たちを紹介します。

 

収入等

・給与収入:1,136,650円

・配当金等:18,721円

・株式譲渡所得:75,037円

 

経費

・給与所得控除:650,000円

 

各種控除

基礎控除:380,000円

 

昨年の年金は全額免除、健康保険は親の扶養に入っているため、社会保険料控除はなしです。

私は悲しいほどに低所得者なのです… (´;ω;`)

 

私のうっかりで給与収入が103万円を超えてしまったので扶養からは外れますが、130万円以内なので、健康保険は引き続き親のものを使えると思います。

親の税金が増えるかもしれませんが、まあ許してくれるでしょう…ゴメンナサイ

 

 

昨年の株の収益はこんな感じです↓

 

28年分の特定口座年間取引報告書

f:id:tsubuinvestment:20170314021018p:plain

 

配当金等は、米国株の配当金が18,437円、外貨MMFの分配金が284円です。

 

配当金については総合課税と申告分離課税を選べますが、今回は譲渡損失がないので、総合課税を選びました。

分離課税の場合、税率は20%(所得税15%+住民税5%)ですが、総合課税の場合、15%(所得税5%+住民税10%)となり、少しお得になります。

 

 

次に、確定申告書類の紹介です。

申告用紙は国税庁の書類作成ツールみたいなのを使いました。

 

言われるがままに入力するだけで、勝手に税金の計算をしてくれるので楽ちんです。

ただ内容を理解しておかないと、楽すぎてあまり勉強にならないかもしれません。

 

私の場合は、「申告書B」、「第三表(分離課税用)」および「外国税額控除に関する明細書」を用いました。

 

・申告書B

f:id:tsubuinvestment:20170314023924p:plain

 

 ・第三表(分離課税用)

f:id:tsubuinvestment:20170314024212p:plain

 

外貨MMFの分配金284円は、強制的に分離課税に入れられました。

特定口座年間取引報告書の⑩~⑭は分離課税のみのようですね。

 

kaikei7.com

 

 

・外国税額控除に関する明細書

f:id:tsubuinvestment:20170314025652p:plain

f:id:tsubuinvestment:20170314030507p:plain

 

国税額控除については、外国所得税1,843円のうち、743円が返ってきます。

確定申告は所得税についてのみなので、ここでは所得税と復興特別所得税の分を合わせた575円が返ってきます。

住民税分は、住民税請求の時に調整されるのでしょう。

残り1,100円は最大3年後まで繰越となりますが、おそらく使われずに消滅すると思います。

 

そんなこんなで、今回の確定申告で返ってくる所得税は2000円ちょっとでした。

実際は住民税分の調整もあるので、トータルの返還分はまた変わってくると思いますが。

 

国民健康保険に加入している場合

もし私が国民健康保険に加入している場合、特定口座の収益である約9万円を確定申告すると、保険料が年間1万円ほど高くなる見込みです。

つまり税金の返還分よりも多いので、確定申告しても割に合わないということです。

 

確定申告をすると配当控除や外国税額控除が受けられますが、国民健康保険に加入している場合は、特定口座(源泉徴収あり)の所得を確定申告するかどうかはよく考えたほうがよさそうです。

確定申告に行ってきました。 その1(各種税金制度まとめ)

税金 確定申告

昨日、平成28年分の確定申告に行ってきました。

申告の締め切りが3月15日なので、結構ギリギリ滑り込んだ感じですが…

 

私の場合は、株で取られた税金を少し返してもらうために申告しました。

まあ申告したところで大した金額は返って来ないのですが、これも勉強のためということで。

日本の税金制度は複雑ですからね。確定申告するだけでも、結構勉強になります。

ということで、まずは株に関する税金制度について、簡単にまとめておこうと思います。

 

税金の取られ方には、大きく分けて「総合課税」と「分離課税」の2つがあります。

そして分離課税はさらに、「申告分離課税」と「源泉分離課税」に分けられます。

株の場合、譲渡所得は分離課税になりますが、配当金は 総合課税か分離課税かを選ぶことができます。

 

1. 総合課税

総合課税は所得に応じて税率が高くなる「累進課税」です。

給与所得などが当てはまります。 

 

No.2260 所得税の税率|所得税|国税庁

 

課税所得が195万円以下の場合は、所得税が5%ですので、住民税の10%と合わせて15%の課税になります。

これは、分離課税の税率20%(所得税15%+住民税5%)よりも低いので、給与所得なども合わせた課税所得が195万円以下になるなら、配当金を総合課税で申告したほうが、税金上はお得になります。

俗に言う、「195万円の壁」ってやつですね。103万円、130万円の壁に比べたら幾分マイナーですが。

あと、103万円と130万円は「収入」 ですが、195万円は「課税所得」なのが紛らわしいですね。

 

*所得=収入-経費

 課税所得=所得-各種控除

 

また、配当金を総合課税として申告した場合、「配当控除」が受けられる場合があります。

そうなると、お得になる課税所得の上限がもう少し上がります。 

 

配当金も確定申告すればお得になる!?

 

ただし、配当控除が受けられるのは「日本国内に本店のある法人から受ける配当金等」に限られますので、私のような米国株投資家は、残念ながらこの恩恵を受けることができません…(´・ω・`)

 

2. 分離課税

分離課税は、一部の所得に対して、総合課税とは別に課税される方法です。

株などの譲渡所得や、FXなどのデリバティブの雑所得が当てはまります。

(株とFXは、分離課税でもグループが別なので、損益通算はできません。)

税率は一律20%(所得税15%+住民税5%)です。

 

特定口座(源泉徴収あり)で株の譲渡損益や配当金がある場合は、勝手に損益通算されて、勝手に源泉徴収されます。(源泉分離課税

何もしなければ、税金関係はこれで完結します。

 

一般口座や特定口座(源泉徴収なし)の場合は、申告分離課税として確定申告する必要があります。

(給与所得者で、給与所得以外の所得が20万円以下なら、確定申告しなくてもよい)

No.1900 給与所得者で確定申告が必要な人|所得税|国税庁

 

注意する点としては、株の譲渡損失がある場合に、配当金を総合課税で申告してしまうと、譲渡損失と配当金の損益通算ができないことですね。

 

3. 外国税額控除

外国株に投資している場合、配当金に対して国外で源泉徴収された後、国内でも源泉徴収されます。(米国株の場合、アメリカで10%課税されます)

これは二重課税ということで、国外で取られた税金分を調整するために「外国税額控除」という制度があります。

国税額控除を受けるには、確定申告が必要です。

 

No.1240 外国税額控除|所得税|国税庁

 

国税額控除では、国外で取られた税金をそのまま返してくれるわけではなく、ある計算式によって返ってくる限度額が決められます。

計算式を見ると、所得税をあまり払っていない人は、全額返還されない場合もあります。

 

限度額を超える分は翌年に繰り越されますが、株を売却しない限り、翌年も限度額を超える税金を払う可能性が高いと思いますので、繰越はあまり意味がないかもしれません。

 

4. 国民健康保険

これは税金ではありませんが、私は税金みたいなものと思っています。

 

国民健康保険に加入している場合、特定口座(源泉徴収あり)での所得を確定申告するかどうかは、よく考えたほうがいいです。

 

というのも、国民健康保険料は前年の申告された所得で決まるからです。

したがって、特定口座(源泉徴収あり)での所得を、源泉分離課税で済まさず、敢えて確定申告した場合は、申告された所得が増え、その結果保険料が増えることになります。

 

国民健康保険料は、住んでいる場所によって違ってくるので、保険料の高い地域の場合、確定申告をしないほうが良いということもあり得ます。

 

ちなみに国民健康保険料は「課税所得」ではなく「所得」で決まるので、保険料を抑えるのはやや難しいです。

 

 

 

 

いろいろ書きましたが、結局は特定口座(源泉徴収あり)での所得を確定申告するかどうかは、返ってくる税金の額と、増える国民健康保険料のバランスで決めることになります。

おそらくこれが一番重要なポイントかと思います。

 

また、外国株に投資している場合、配当控除が使えなかったり、二重課税されたり、外国税額控除は確定申告しないと受けられなかったり、申告しても全額返ってこなかったりと、税金面では不利なことばかりですね…

儲けられるならやはり日本株で儲けたほうが効率はいいですね。儲けられるのなら…

 

長くなりましたので、実際に私が確定申告した内容は、別記事で紹介したいと思います。

 

それにしても日本の税金制度って複雑ですね…

知らないとどこまでも損してしまいそうです。

しかし、複雑だからこそ、やりようによっては得したり損したりする現象が起こるわけで、そこをうまく突いていくことが、資産形成の近道ではないでしょうか。